電子出版プラットフォームを立ち上げたわけ - 電子出版プラットフォームマップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子出版プラットフォームを立ち上げたわけ

■ 私はウンチ

 自慢じゃないが、私は機械ウンチ、いやオンチである。それも折り紙つきである。今だに家でビデオの録画のやり方がわからない。いや、本当である。冗談でいっているのではない。

 昨年まで携帯も持っていなかった。そのことを「俺は旧石器人だ」とか「機械なんかに縛られる生活なんかしたくない」などと嘯いて、携帯を持っていないことを自慢しさえしていた。

 その私が、なぜ、この「電子出版プラットフォームマップ」を立ち上げることにしたのか。

 その理由は、このサイトの姉妹サイトである「
自費出版・電子出版制作販売お助けガイド」を作りこんでいて(作りこんだといっても、htmlもcssもさっぱりわからないから、できあいのブログのテンプレートで、ただ闇雲に記事を増やしていっただけのことだが)、電子出版については、自費出版とは別立てにしなければ分量・質量とも追っつかないことに気づいたからである。

 しかし、電子出版やそのプラットフォームのことを考え、そしてそれを文章にしようと思えば、パソコンの操作に習熟することが不可欠だ。
 独特のテクニカルタームも理解しなければならない。なにせ、今だにデバイスもプラウザもダウンロード形式とストリーミング形式の違いもよくわかっていないのだから。

pasokonn11.png

■ 城達也が懐かしい

 話はチトそれるが、ストリーミングという言葉を聞くと、私はなぜかジェットストリームを思い出す。その昔、深夜0時前に低音の魅力の城達也がディスクジョッキーをやっていたラジオ音楽番組である。
 「また、明日午前零時にお会いしましょう」が合言葉で、よく楽しみに聞いて癒されたっけ。
 
 城達也は、30年近くこのラジオ番組を1回の休みもなく(1回だけ休んだという話もあるが)、土曜、日曜を除いて毎日続けた後、降板直後に死んだ。
 
 ジェットストリームとは、確か、日航の飛行機の名前だと思うが、そのジェットストリームに夢の中で乗ったままあの世に旅立ったに違いない。

f13972.png

 まあ、ジェットストリームの城達也を知っているのは、ほぼ還暦に近い年齢の人ばかりだろうが・・・。

 話がそれた。元に戻そう。電子出版やそのプラットフォームのことを書こうと思えば、パソコンに習熟することが欠かせない。
 
 そこで、私は、このブログを書きながら、自身も遅まきながらパソコンについてしっかり勉強していきたいと思っている。

 もし、このブログに読者がついたならば、是非、一緒に初歩の初歩からパソコンについて勉強していきましょう。
 
 このブログはそういうつもりで、電子出版の初歩の初歩からはじめようという人にわかりやすく説明することを念頭において、書き進めていきたいと思っている。

■ 知恵袋はえらい!

 最近、私のパソコンの知識度の程度がどんなものかを知る出来事があった。今回はそのことを最後に書いておこうと思う。

 ブログの記事は自宅で書いているのだが、自宅にはパソコンが1台しかない。家族は、私と嫁さん、高校1年生の双子の子らの4人である。勢い、パソコンの奪い合いになる。

 優先順位は、子ら、嫁さん、そして最後に私である。これは家庭内の勢力図を反映している。

 したがって、私には自宅でパソコンに触れる時間が極めて少ない。今までならそれでもよかったが、こうしてブログを立ち上げたからには、ぱパソコンに触る時間が欲しい。
 しかし、時間は少ない。そうなれば、ブログに記事を効率的に打ち込むしかない。

 会社には私用にパソコンが1台与えられている。しかし、社員があまり勝手にパソコンを時間内に使うと業務に支障が出ると考えたのだろう、会社のパソコンは、ダウンロードはできないし、ホームページやブログの立ち上げもできない設定にしてある。
 当然のことながら、出会い系サイト、アダルトサイトもNGである。時間内にこれらのサイトで遊んでいて首になった社員も過去にいる。
 したがって、会社でブログの記事を作成して更新することはできない。

 そこで、私が考えたのが次の手法である。

① まず、ワードに記事を打ち込む。これをコピーしてブログの「新しい記事」欄に貼り付ける(ブログは開いて書き込むところまではできるようになっている。更新ができないのである)。

② 次に貼り付けた新しい記事に色をつけたり、文字の大きさを変えたり、リンク先を貼り付けたりする。これで記事ができあがる。

③ こうして「新しい記事欄」にできあがった記事をコピーして、ワードに貼り付けなおす。

④ ③で貼り付けたワード文書を自宅に持ち帰り、パソコンを開いて自分のブログの「新しい記事」欄に貼り付けて、そして更新する


 こうすれば、更新までの作業を、すべて会社で済ますことができるのである(おまえは、その作業を会社のどの時間帯にやっているのだ!とのご指摘には答えられないよ)。これで、自宅でのブログ作成作業の効率がかなり上がる。

 これが、私の「新しい記事」の更新方法だが、この記事の中に画像を入れて自宅のパソコンで更新できないか。ワード文書でもリンク先を貼り付けることができるのだから、画像も同じようにできる手法が何かあるのではないか。パソコンに無知な私はそう考えたのである。

 そこで、困ったときの「知恵袋」頼み。さっそく知恵袋で質問してみた。こうである。
 

 ブログへの画像の掲載についてお尋ねします。
 現在、fc2ブログを開設していて、職場の休憩時間などにワード」で記事を書き、家に帰って、その記事をブログの新しい記事欄に貼り付けて更新しています。
 具体的なやりかたはこうです。①ワードに記事を書く。②この記事をコピペして、会社のパソコンから私のブログに入り、新しい記事欄に貼り付ける。③新しい記事欄で、文字を大きくしたり色づけしたり、リンク先があるときはリンク先も挿入したりして、記事を整える。④新しい記事欄にできあがった記事をコピペしてワード文書に貼り付ける。⑤家に帰ってパソコンを開き、会社で④でワード文書にした記事をコピペして、自分のブログに貼り付けて更新する。
 なぜ、こんなことをするかというと、会社のパソコンはブログの更新もできなければ画像のダウンロード、取り込みもできないからです。そういう設定にしてあるのです。したがって、家でのパソコンの作業を極力少なくするために、会社で休憩時間等にできる記事の作成は、可能な限り会社でするようにしているのです。
 ここで質問。上のやり方では、記事は家に帰って会社でブログ用に作ったものを貼り付ければそれでいいのですが、画像は家に帰って自分のパソコンを開いてブログに取り込み、それを新しい記事内に貼り付けなければなりません。会社でワード文書でブログ用の記事を作成するときに、画像をもそのワード文書に取り込む何かいい方法はないでしょうか。それができれば家に帰ってからの記事作成がすごく楽になります。ご存知の方がおられたら教えてください。よろしくお願いします。
 

 
 早速、答えが1件、yosoilueさんから返って来た。こうである(
→参照)。

  ありません。できません。
 
 あっさりしたものである。言外にそんなことも知らんのかといったニュアンスが滲んでいる(ように私には思えた)。

 回答期限は1週間。まだ、時間はある。ひょっとして、他に回答がくるのではないか。そう思い待ったが、回答はこの1件だけだった。

 私はyosoilueさんに感謝し、この回答をベスト回答に選んだ。チップ75枚。

■ ガンバルベエ

 しかしながら、私には、まだ、わかっていないのである。なぜ、ワード文書の中でリンク先を指示し、そのワード文書をコピーしてブログに貼り付ければリンク先にちゃんと飛んでいってくれるのに、画像はダメなのかが。

 うーん、なんでやろ? 画像もブログの記事に貼り付けられてるんをみたら、全部、文字で指示されてんのになあ。ああ、わからん。

 勉強、勉強。ガンバルべエ。皆さんも一緒にガンバ、ガンバ(別にガンバのファンではありません)。




     
  




 電子出版プラットフォーム「パブー」から、田中かわずのペンネームで、400字詰め原稿用紙で10枚程度の短編小説「」「みっちゃんへ」「ピヨピヨ」「ベロの辛抱」、中編小説「おばあちゃんへの贈り物」を電子出版しました。無料です。よかったら読んでね。
 エッセイ「
オレのリハビリ日記」をパブーから有料で電子出版しました。300円です。よかったら買って読んでね。


関連記事

いい記事だと思ったら、ポチッと応援、よろしくお願いします。



コメント
非公開コメント


いい記事だと思ったら、ポチッと応援、よろしくお願いします。

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 電子出版プラットフォームマップ All Rights Reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。