電子書籍無料配信プラットフォーム「PUBROFF」 - 電子出版プラットフォームマップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子書籍無料配信プラットフォーム「PUBROFF」

■ 電子書籍界のYouTube

 パブロフが開設されたのは、今を遡ること1年数か月前、2012年4月のことである。当時のリプリ株式会社によって開設された。

paburoff.jpg
    

 2010年にiPadが発売され、「電子書籍元年」などと呼ばれて、電子書籍への期待が否が応にも高まっていた時代だったし、画像無料投稿サイトYouTubeの隆盛あって、PUBUROFFは電子書籍界のYouTubeとなりえるのではないかと期待された。

 ところがどうだ。1年後の今、投稿書籍はわずか40冊にとどまっている。それを反映してかUBUROFFサイトに賑やかさはない。

 なぜだろうか。電子上での画像と書籍には閲覧者を呼び寄せる決定的な違いが何かあるのだろうか。わからない。

■ 電子書籍時代はいつくる?

 電子書籍全般についても、今度こそ爆発的な電子書籍の時代の到来だと何度いわれたことか。もはや、狼少年になった感すらある。

 紙の書籍から電子書籍への流れは変えようがなく、間違いなく電子書籍時代は到来するのだろうが、それこのように緩慢にしか流ないのだろうか。

 PUBUROFFの今後も心配だが、私にはまだ知識が浅い。もう少ししっかり勉強して、PUBUROFFの内容を「電子出版プラットフォームの巻」に書き込むことにしよう。

 今回はこの辺で


tukusif362.jpg

                        春ですね。


     
  





 電子出版プラットフォーム「パブー」から、田中かわずのペンネームで、400字詰め原稿用紙で10枚程度の短編小説「」「みっちゃんへ」「ピヨピヨ」「ベロの辛抱」、中編小説「おばあちゃんへの贈り物」を電子出版しました。無料です。よかったら読んでね。
 エッセイ「
オレのリハビリ日記」をパブーから有料で電子出版しました。300円です。よかったら買って読んでね。


関連記事

いい記事だと思ったら、ポチッと応援、よろしくお願いします。



コメント
非公開コメント


いい記事だと思ったら、ポチッと応援、よろしくお願いします。

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 電子出版プラットフォームマップ All Rights Reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。