電子出版プラットフォーム「PUBROFF」 - 電子出版プラットフォームマップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子出版プラットフォーム「PUBROFF」

 「1番ホーム 電子出版プラットフォーム」に掲載している項目は、次の通りである。
            
◇  このサイトで取り扱う電子出版プラットフォームとは
◇  電子出版プラットフォーム一覧 ◇  電子出版プラットフォームへの掲載手数料と収益(印税)比較

◇  パブー
◇  forkN
◇  e-bookland
◇  Book Way(その①)
◇  Book Way(その②)
◇  文楽
◇  でじたる書房
◇  DL-MARKET
◇  wook
◇  mixpaper
◇  UPUB
◇  bookpic
◇  漫画onweb
◇  自費出版デジタル(その①)
◇  自費出版でじたる(その②)
◇  PUBLOFF (このページに掲載している内容)
◇  We Publish
◇  竹の子書房
◇  Kindle Direct Publishing(その①)


PUBLOFF 
開設年月 2012.4
書籍登録数  40冊
特   徴 すべて掲載で電子書籍を投稿して掲載することができる
掲載費用 無料
収益(印税) なし
掲載可能書籍 制限なし。但し、利用規約で禁止事項に該当する投稿はできないことになっている。
投稿可能なデータ・MicrosoftWord、標準テキスト、ePub形式データ、AdobeinDesign
閲覧対応端末・iPad、iPhone、Android系スマートフォン、Androido系タブレッド、SonyReader、AmazonKindle(PDFのみ)
著作権保護機能(DRM)の有無 特になし 
 
その他              
 電子書籍のYouTubeと言われてきたが、現状、当初予想された活用が行われているとはいいがたい
 
paburofu.jpg
 
      (PUBROFFのホームページから)

■ PUBROFF

 PUBROFFは、2012年4月に当時のリブリ株式会社が立ち上げた「無料電子書籍投稿配信プラットフォーム」である。
後、2012年6月、リブリ株式会社は社名を「株式会社ColoTown.com(コロタウンドットコム)に変更して現在に至っている。

 まったくの無料で、原稿の電子書籍化、公開、ダウンロードができる電子書籍投稿配信プラットフォームであることから「電子書籍版YouTube」とも呼ばれるが、開設から1年余りたった今、登録書籍は40冊(平成25.3月時点)にとどまっている。
 
 残念ながら、電子書籍版YouTubeの呼び名が、現時点では泣いている。

■ 書籍の登録方法

 PUBROFFのシステムはいたってシンプルである。著者が原稿をPUBROFFに投稿し、読者がこれをダウンロードして読む。ただそれだけである。

◇ パブロフで投稿受付可能なデータ形式

 PUBROFFに投稿可能なデータ形式は次のとおりである。

・ MicrosoftWord
・ 標準テキスト
・ epub形式のデータ
・ Adobe InDesign

◇ 投稿方法

・ 投稿ページに入り必要事項を記入して「送信」をクリックする。

・ 送信すると、著者にパスワードと投稿先ページを知らせするメールが届く

・ メールが届けば、原稿投稿ページにアクセスし、パスワードを入力して、「Submit」をクリック。

・ 次に「Select Files」をクリックして、投稿する原稿を選択。

・ 原稿ファイルを添付し「send」をクリックして、作品をアップロード。

・ アップロードが完了すると、最後に「Thank you.」のページが出てこれで終わり。

・ PUBROFF側で、原稿に利用規約違反がないかなどの内容を確認の上、2〜5営業日程度で電子書籍としてサイトにアップ。サイトにアップされたら、別途、著者に連絡がくる。

■ 投稿可能書籍

 投稿可能書籍に制限はない。ただ、原稿に利用規約違反がある場合はサイトにアップしないことになっており、利用規約に「わいせつ」な文書は掲載できないとされていることからすると、アダルト作品は掲載不可の判断となる可能性は高そうだ。

■ 閲覧対応端末

 PUBROFF掲載作品の閲覧可能な端末は以下のとおりである。

・ iPad
・ iPhone
・ Android系スマートフォン
・ Android系タブレット
・ Sony Reader
・ Amazon Kindle(PDFのみ)

(iPad/iPhoneの推奨閲覧アプリ)
・ iBooks

(Android端末での推奨閲覧アプリ)
・ Aldiko Book Reader

■ 著作権保護機能(DRM)

 特に対応していない。

■ 評価

 鳴り物入りで登場した割には利用者に伸びがない。これも電子書籍元年が名ばかりゆえか。
 しかし、電子出版プラットフォームの中では、そのシステムが最も単純明快であり、じわじわと人々の間に浸透して、何かをきっかけに爆発的に発展する可能性は秘めていそうだ。


tukusif362.jpg

                        春ですね。


     
  





 電子出版プラットフォーム「パブー」から、田中かわずのペンネームで、400字詰め原稿用紙で10枚程度の短編小説「」「みっちゃんへ」「ピヨピヨ」「ベロの辛抱」、中編小説「おばあちゃんへの贈り物」を電子出版しました。無料です。よかったら読んでね。
 エッセイ「
オレのリハビリ日記」をパブーから有料で電子出版しました。150円です。よかったら買って読んでね。


関連記事

いい記事だと思ったら、ポチッと応援、よろしくお願いします。



コメント
非公開コメント


いい記事だと思ったら、ポチッと応援、よろしくお願いします。

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 電子出版プラットフォームマップ All Rights Reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。